PEDIATRIC OPHTHALMOLOGY 小児眼科

まだ目の仕組みが完全に発達していない状態の小児が対象の眼科診療です。
乳幼児期(生後~6歳ぐらい)は、目の発達にも重要な時期にあたり、
3歳児健診は目の発達を知るためにとても大切な健診です。
視能訓練士も常駐しておりますので、いつでもご相談ください。

お子さまの目の気になるサイン

  • ものを見るときに目をほそめる
  • テレビを前のほうで見る
  • 片方の目をかくすと嫌がる
  • 頭を傾けてものを見る
  • 視線が合わない
  • 子供の黒目がなんとなく寄っている気がする

お子様の目の障害は、早期発見・早期治療がもっとも大切です。 小さなお子様は自分で正確な症状を訴えることができない場合が多く、また、お子様の目の障害は外見だけでは気づきにくいため、見過ごされてしまうことが多いです。視力の発達過程の大事な時期にお子様の目の状態をしっかりとチェックすることが大変重要です。 少しでも気になる症状がございましたら、是非ご相談ください。

乳幼児の注意すべき病気

先天性鼻涙管閉塞とは?

涙の通り道が生まれつき塞がっている状態(閉塞)のことを言います。 本来であれば涙は鼻へと抜けていきますが、鼻への出口に薄い膜が張っているため、涙の排出がうまくされず溜まってしまい、その溜まった涙に細菌が感染して、目やに・まぶたの腫れなどが起こる可能性があります。

治療方法

ブジーという細い針金を涙の吸い込み穴から入れて、薄い膜を破ります。赤ちゃんが小さくてかわいそうと感じると思いますが、大きくなると動いて処置しづらくなったり、膜が硬くなって破りづらくなったりしますので、生後1~2ヵ月頃に治療を受けることをお勧め致します。

発症しやすい年代と性差

新生児の6~20%に確認されます。主に生後3?12週間の頃に発見されることが多いです。鼻涙管の発達により1歳までに90%程度は特別な処置をしなくとも自然に完治するとされています。

弱視

「弱視」とは、お子さまが「通常の教育を受けるのが困難なほどの低視力」という意味で一般的に使われています。
ですが、医学的には「視力の発達が障害されておきた視力の低い状態」で、メガネをかけても視力が十分でない場合を指します。 早期発見、早期治療で治療可能なことがほとんどです。

斜視

右目と左目の方向が病的にずれていることを斜視といいます。つまり、片目はまっすぐむいていても、もう一方の目が「違う方向」を見ていることです。
これは眼位ずれともいいます。 斜視がなくても斜視のように見えることがあります。これは偽斜視とよばれ治療不要ですが、まぎらわしいときには診察を受けてください。

目に関するどんな些細なお悩みでも構いません。
一度ご相談ください。

〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1丁目5-23

■診察時間 9:00~17:30(月・水・金はお昼休みなしで受付)
■休診日:第3・第4・第5土曜/日曜/祝日

診療時間 日・祝
9:00 ~ 17:30
9:00 ~ 12:00
9:00 ~ 12:30