MEDICAL 診療案内

一般眼科

ドライアイ・結膜炎・ものもらい・花粉症・霰粒腫・麦粒腫・弱視・斜視・遠視・近視・眼精疲労・眼鏡/コンタクトレンズ処方などの診療を行います。
平日は16時30分、土曜は12時まで受付を行っております。
目についてお困りのことがありましたら、何でもご相談ください。

白内障

白内障は加齢や紫外線などによって、もともと透明な水晶体が白く濁ってきてしまう病気です。
白内障の症状としてはかすみ、まぶしさ、視力低下などが起こります。
ストロボで写真を撮ると、ときに瞳が赤く写りこむことがあります。下の写真はこの原理を応用して瞳の中を撮影したものです。
瞳の中の透明な部分は白く、白内障で濁ったところは黒い影として写ります。
当院の手術に関しても、「白内障手術」は、日帰り・入院どちらも対応可能です。

治療法

初期のうちは進行予防の目薬をお使いいただきますが、視力の低下を来し、日常生活に不便を感じるようになったら手術をお勧めしています。
手術方法は、超音波の機械で濁った水晶体を取り除き(水晶体再建術)、代わりに眼内レンズを埋め込みます。手術は点眼による局部麻酔下で行います。
正味15~20分くらいで終了し、手術後の安静は必要ありません。
翌日からよく見えるようになる方も多いのですが、多少個人差があります。

当院の白内障手術のご案内

①手術をする前に手術が問題なく行えるかを調査し目に合う眼内レンズを選ぶ為に様々な検査を行います。(所要時間2時間程度)
②手術は火曜日・木曜日の午後、日帰りで行います。
③手術は痛くありませんが、多少個人差があります。(点眼麻酔にて手術時間は15~30分位いです)
④手術日が決まりましたら案内書をお渡しします。

緑内障

緑内障とは、視神経(目から得た情報を脳に伝える働きをしている神経)が障害されて視野に異常をきたす病気で、眼圧が重要な要因となっています。
症状は、少しずつ見える範囲が狭くなっていきます。しかし、その進行は非常にゆっくりで、両方の目の症状が同時に進行することは稀なので、病気がかなり進行するまで自覚症状はほとんどありません。

緑内障の種類

  • 続発緑内障

    他の眼疾患、全身疾患、または薬物使用によって 眼圧上昇が生じる緑内障。

  • 開放隅角緑内障

    他の病気や先天異常のない慢性進行性の緑内障。 眼圧が正常値(10~21㎜Hg)を超えており、眼圧上昇が視神経を圧迫して緑内障を発症・進行させていると考えられる病型。

  • 正常眼圧緑内障

    眼圧が正常範囲にありながら視神経が障害されるタイプの開放隅角緑内障。

  • 閉塞隅角緑内障

    隅角(茶目と黒目の間にある眼球の排水口のようなもの)が狭くなって房水(眼球の硬さを一定に保つための水)の排出が障害され、眼圧が上昇する。

緑内障の治療方法

点眼薬で眼圧を下げて病気の進行をストップ、又は進行速度を緩めることです。緑内障のタイプによって原因も症状も違いますし、進行の度合いによって治療方法も異なってきます。

メガネ・コンタクトレンズ処方

問診 自分がどんなコンタクトレンズを希望しているのをお話しください
検査 目の状態(視力検査や黒目のカーブなど)を一通り検査した上で希望しているコンタクトレンズについて詳しくお話をしていきます。使用目的、生活環境などからあなたに合うコンタクトレンズをご案内します。実際に目に入れてみてレンズが目に合っているかどうか見ていきます。
コンタクトレンズ装用が初めての方は装用練習、ケア方法もご案内します。
診察 上記で決めたコンタクトレンズが目に合っているかどうかドクターが最終チェックを行います。もちろんその他にも目の状態を一通り診察します。目にコンタクトレンズが合っていればドクターから処方箋が発行されます

コンタクトレンズ装用が初めての方は装用練習、ケアの方法などをご案内致しますのでお時間に余裕を持ってご来院ください。 (受付から診察終了まで1~2時間程度要しますので、平日は16時30分まで、土曜日は12時までに受付をお願いいたします。) 当院からの処方箋は、どちらのお店にお持ち頂いても大丈夫です。 お近くだと「メガネの松田」が便利です。

目に関するどんな些細なお悩みでも構いません。
一度ご相談ください。

〒020-0024 岩手県盛岡市菜園1丁目5-23

■診察時間 9:00~17:30(月・水・金はお昼休みなしで受付)
■休診日:第3・第4・第5土曜/日曜/祝日

診療時間 日・祝
9:00 ~ 17:30
9:00 ~ 12:00
9:00 ~ 12:30